マスカラには液体、固形、クリームの3タイプがあり、色は黒・茶・紺などが主流である。
また、色のついていない透明のものもある。成分は顔料と水分、増粘剤、皮膜剤、保存料などからなり、
チューブ入りで棒状のアプリケータ(ブラシ)を用いてまつげに塗布するのが一般的である。
目尻などの塗りにくい箇所には、更に細く小さいアプリケータを使用するタイプもある。
まつげをカールさせたい時にはビューラーで型をつけてから使用し、またまつげ同士が付着してしまわない
ように使用後に「マスカラコーム」と呼ばれる専用の櫛でまつげを梳くこともある。
一旦マスカラを塗布するとカールさせたまつげが邪魔になり、またマスカラが乾くまでに多少の時間を
要するために、まぶた付近にファンデーションやアイシャドーを使用するのは困難になる。
そのため、マスカラの使用はアイシャドー後が望ましい。
基本的にマスカラは落ちにくいが、雨で濡れたり涙を流した時など、水分が触れると場合によって
はマスカラが落ちてしまうことがある。この際、落ちたマスカラが目に入ってしまう可能性もあり
注意が必要である。また落ちたマスカラで目元まわりが汚れてしまうこともあるのでこの場合も
注意は必要である。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

エステ体験 札幌 エステ体験 横浜 エステ体験 千葉 エステ体験 東京 エステ体験 名古屋
エステ体験 京都 エステ体験 大阪 エステ体験 神戸 エステ体験 福岡 エステ体験 埼玉